賃貸でもできる!DIYで憧れの素敵空間にチェンジ

壁紙の貼り替えで気分転換を

賃貸では、引っ越しなどで部屋を明け渡す際に、住む前の状態に戻さなくてはいけないことが契約で決められていますよね。模様替えをしたくても諦めている方も多いのではないでしょうか。
借りている部屋の壁がシンプルで、クロスが貼ってあるものであれば、使える壁紙があります。明るい色合いの物や、お洒落なデザインの物など様々な種類があり、好みの雰囲気に合わせて選べます。
壁紙の上に水溶性の接着剤を使って貼るので、跡が残ることがありません。固く絞った雑巾で拭けば綺麗に落とせますし、修正したい場合も、霧吹きで水をかければ容易に剥がせ、貼り直しができます。心配な場合は、接着したいところに、業務用の養生テープや、幅広のマスキングテープを貼ってその上から付けられますよ。一人で大変な場合は、両面テープ状の接着剤を使うと楽にできるでしょう。

和室の場合はどのように工夫できるか

借りている部屋が和室の場合は、土壁が使われていることがあります。土壁の上に壁紙を貼ると、壁の塗りが取れ、傷がつく恐れがありますので、絶対に貼らないように気をつけてください。
土壁の場合は、布を利用するのがお勧めです。突っ張り棒を渡してカーテンクリップを通し、上部からカーテンの要領でつり下げて利用するといいでしょう。難しい場合は、好みの大きさの板に布を貼って、ファブリックパネルにして壁に立てかけるようにしても雰囲気が変わります。
ふすまを利用している場合は、洋風の柄に変えると雰囲気が変えられますね。ふすまの枠の上にマスキングテープを貼って、その上から好みのふすま紙を両面テープで付けるといいでしょう。元からあるふすま紙を、破くことなく貼り替えられます。
障子の場合は、最も自由度が高いです。障子用ののりを使って、カラフルな和紙を利用してもいいですし、服地用の布を貼ってもお洒落になります。大柄の布が、土壁とマッチすることもあります。和紙よりも丈夫なので、子供やペットがいる家庭でも破れにくいというメリットもありますよ。明け渡す時には、白い障子用の紙を購入し、貼り替えておくといいでしょう。

© Copyright Home Ideas. All Rights Reserved.