大人気!賃貸にも安心なDIYグッズはコレ!

床に穴をあけずに使えるディアウォール

自分で部屋に家具を作って設置してプチリフォームを楽しむDIYですが、賃貸の場合は壁や床を傷つけるわけにはいきません。賃貸でもDIYをしたい、そんなときにはディアウォールなどの、壁や床を傷つけないDIYグッズがおすすめです。
ディアウォールとは、ツーバイフォー材をはめこんで設置することで、壁に穴をあけずに棚や手作りディスクを設置することができる便利グッズです。ツーバイフォー材とは、DIYでよく使う板状の木材のことです。設置した木材に加工を施すので、元々ある壁や床、天井を傷つけずに済むのです。壁や床に接する部分は傷がつかないようにゴム製となっています。そして、ツーバイフォー材をはめ込む部分は片方の底がばね状となっていて、その力で柱を支えるのでしっかりと固定ができます。

ディアウォールでできること

ツーバイフォー材は購入する際、ホームセンターでカットをしてもらうことができる場合が多いです。天井の高さより少し短め(40~45ミリ)にカットしてもらうと、ちょうどよくディアウォールを設置することができます。底がばねになっている方を天井側に差し込んで設置します。ディアウォールを使えば、賃貸住宅でも好きなところに新たな柱を作って、棚などに加工できます。キッチンに作って新たな食器棚にしたり、書斎に作って本棚にしたり。自分のセンスで好きなものを作れます。小物や美術品を建てるスペースにすることもできます。壁に板を並べてオシャレな見た目にしたりということも可能です。
シンプルなアパートの部屋も、自分好みに変えることができるところがDIYの楽しいところです。

© Copyright Home Ideas. All Rights Reserved.