どっちが得?住宅購入と賃貸のメリット、デメリット

誰もが憧れる!住宅購入のメリット、デメリットは?

誰もが一度は夢見て憧れる住宅購入。いずれは自分の持ち家を!と考えるのはもはや一般的となってきています。そこで具体的にメリット、デメリットを整理していきましょう。
まずメリットとして住宅を購入すると自分の資産になるというところです。賃貸とは違い、たとえローンを組んで毎月支払ったとしても金額を支払い終えれば自分のものになります。マンションでも戸建てでも必要なくなったら売るということが可能です。
一方でデメリットとして、メンテナンスなどを自分でやっていかなければならないということが挙げられます。戸建てでもマンションでも壊れたり、経年劣化が起これば補修をしていかなければなりません。また、売りに出した場合、買い手がつかないということもデメリットとして挙げられます。

本当に損する?賃貸のメリット、デメリットは?

賃貸住宅に住んでいると、家賃を支払っても自分のものにならないし、やっぱり持ち家がいいかなと憧れてしまいますよね。しかし、本当に損することばかりなのでしょうか?こちらも具体的にメリット、デメリットを整理していきましょう。
まず最初にメリットとして、ライフスタイルや事情に合わせて住み替えることができます。例えば結婚して2人暮らしの時は1LDK、子供ができたら3LDK、子供が独り立ちしたら1LDK。というようにその時に必要な広さの家に住み替えることができ、家賃も住む場所も自由に選ぶことができます。また、壊れたり経年劣化があっても管理会社が補修してくれたりもするので安心です。
一方でデメリットとして先ほども挙げた通り、家賃を支払っても資産にならないということが挙げられます。また場合によっては2年に一度など、更新料が必要になることもあります。

© Copyright Home Ideas. All Rights Reserved.